5月に熊本でスタートした小田さんのツアー「ENCORE!!」

小田さん1

私は7月4日の横浜アリーナまで待ちました。
でも、小田さんの露出情報はチョイチョイあったので、あまり待たされた感はなかった。

小田さん2


こんなおまけもありました

当日は早めに着いてツアトラをチェック。
記念撮影している方もチラホラ。

小田さん3

小田さん4

夫と落ち合って早めに入りました。
たくさんのお花をチェック。
今年もアノ番組をやってくれると思っていいよね。

小田さん6


小田さん5


グッズはパンフのみ🙏
夫は「えっ、パンフが3500円もするの?」と驚いてたけど、中身がぎっしり充実してるから納得しました。

小田さん8

小田さん7

上から見下ろす感じの席。でも小田さんのライブは花道があるから、距離をあまり感じないのがありがたいです。

私にとっての初日だったし、あまりネタバレを見てなかったので、一つ一つが新鮮でした。

始まりのスクリーンで初めて知った。明治安田生命と小田さんの繋がりが今年で20周年なんですって。
調べてみたらそんなHPもありました。
小田さんのLINEスタンプもあってかわいい

前日のライブで転んだという噂を耳にしたので心配だったけど、全く感じさせずに全力でパフォーマンスした小田さん。花道を走り回り、舞台落ちし、お客さんに歌わせたり握手したり、エネルギッシュでした。

約束をするのは危険だと苦笑いしながらも「また来ます」と力強く言ってくれた小田さん。それまで健康には気をつけて過ごしてくださいと言ってくれた。

これは◯年前の曲と前置きして歌い出す場面も多々あった。長い歴史を感じました。

夏だから聴けないだろうと思っていた秋の気配を聴けたのが嬉しかったし、今年の曲もしっかり聴けたし(ブラックペアンも毎週見てたよ!)、ダブルアンコールまでやってくれて嬉しい3時間でした。

久々にまたたく星〜で横揺れできて楽しかったな。大きなバルーンが幾つも会場に落ちてきて、触れなかったのが残念だったけどテンション上がりました。

横浜で聴くmy home townは格別。
スクリーンの映像とアリーナの照明が作り出す空の下で聴く東京の空は心に染みました。

本当は地元横浜のライブは苦手だったという小田さん。友達とか先生とか来るからどんな顔をしてよいかわからないんだって。でもいつしか平気になってきた。
ところが最近は特別な感情が湧いてくるようになったと。自分でもよくわからない感情だそうです。

ラスト、メンバー全員でアカペラで歌って終わりました。本当に贅沢な横浜の夜でした。
小田さんありがとう


セトリ

会いに行く
愛の中へ
こころ
たしかなこと
愛の唄
秋の気配
小さな風景
愛を止めないで
そんなことより 幸せになろう
東京の空
言葉にできない
goodtimes & badtimes
Yes-No

御当地紀行
(臨港パーク→マークイズのオービィ横浜→カップヌードルミュージアム→三渓園→元町の霧笛楼→伊勢山皇大神宮→臨港パーク)

坂道を上って
time can wait
ラブ・ストーリーは突然に
キラキラ
YES-YES-YES
さよならは 言わない
生まれ来る子供たちのために
風と君を待つだけ
今日も どこかで
この道を
君住む街へ

ENCORE1
my home town
またたく星に願いを
ダイジョウブ

ENCORE2
さよなら
やさしい夜
また会える日まで
スポンサーサイト
そんなつもりはなかったのに、気づいたら7月に集中してしまった。

初めて当たった嵐のワクワク学校
横浜アリーナの小田さん
中野サンプラザのスキマ
名古屋ドームの関ジャニ∞(なんと遠征!)
そして久々の尾崎裕哉くん

申し込んだ時期はバラバラなのに〜💦

しかもスキマさんから尾崎裕哉くんまでが2日に一度ずつライブという詰まったスケジュール。
こんなはずじゃなかった…

なので8月は空いてますが、9月はオーキャン、10月は小田さんのファイナル、11月はスキマのアリーナが待ってる。
何か発表があれば、また予定が入ってきそうだな…

今週は嵐と小田さんが終わり、ほっと一息ついていたら週末はすばるくんのラスト出演が目白押しで泣かされるし、自然災害のニュースもあるし、なんだか心を乱される。

とりあえず備忘録。

7月1日に東京ドームで嵐のワクワク学校に参加してきました。毎年応募してたけど、今年初めて次女が当選した\(^-^)/

せっかく東京に行くんだから、一人暮らしの長女をランチにお誘いした。

渋谷にて
ワクワク1


話を聞いたら元気にやっているようでほっとした。

早めにドームに着いたけど、この日は晴天で日差しが強くてクラクラする感じ。
散策するつもりだったけどムリでした。

入場口で撮った写真。

ワクワク2

ワクワク3


席は外野スタンドの三列目。結構近いしとても見やすい席だった。

東日本大震災のチャリティーイベントとして始まったイベントらしい。収益の一部を被災者に寄付するそうだ。

嵐の5人が先生になって授業を行うスタイル。今回のテーマは部活。
Sexy Zoneが助手として参加。(ファンがちょっと怖かったデス😰)

翌日のPON
ワクワク5


二宮くんと松島くんの探検部では下水道の話。マンホールの蓋を開けて入ってみたVTRを見ながら解説。災害時の対応とか結構タメになりました。

松潤とマリウスの土にさわる部では、土の持つ力を解説して、実際に(食用の)土を使って作ったパスタを食べる。

翔くんと菊池風磨くんはドッジボール部。チャンピオンの小学生たちとドッジボールをやって、やっぱり負ける。メチャ強いんだもの。

大野くんと中島くんのスイーツ部では二宮くんのためにかき氷を作る。卵かけご飯をイメージしたもので、評価は「うまくはない」とバッサリ(笑)

相葉くんと勝利くんはオカルト研究会。
マジックみたいな不思議な現象を起こしてみたり、UFOをみんなで呼んでみたり。最後に、3つ並んだ出口のどこかで相葉くんが中からジャンプして飛び出すんだけど、そのうちの2つに金だらいが吊るされ、それを選ぶと頭をぶつけてしまうから、みんなで念を送って金だらいのない出口を教えるという企画。今までのワクワクでは成功率が半分くらいだったそうですが、相葉くん見事に成功した!ジャンプカッコよくて盛り上がりました。

ワクワク4


最後に「ふるさと」を全員で歌い、2番からゴンドラに乗って場内を回った。メチャ近くを通ってくれたから娘とコーフンした(笑)

Sexy Zoneが退場してから嵐メンバーだけで冬のドームツアーを発表してくれた。
また楽しみが増えた。ま、当たるかどうかわからないけど(苦笑)

全力でファンを楽しませようとしてくれて、アイドルの鑑だなーと思う。面白いイベントで、娘との思い出作りにもなりました。
大阪北部地震で影響を受けた方々はどのようにお過ごしでしょうか…。どうぞお大事にしてください…。

私の叔母たちも関西在住なので心配したけど、大きな被害はなかったそうで胸をなでおろしましたが…。

3.11の記憶が薄れてしまっているのが情けない。自然の力は恐ろしいと改めて思う。

小田さん、スキマなどライブの延期もあった。参加したいものに参加できるって幸せなことだと思った。
だから、行きたいものには積極的に行くぞ!(←結局そういうことを考えてしまう

ずいぶん前になってしまったけど、備忘録です。
TOKYO MUSIC ODYSSEYというイベントのトークセッションに参加してきました。

だって…
3月の六本木以降ぼくりりくん不足。AmebaTVのコラボ見たらますます、歌っている姿を見たくなって寂しかった

対バンライブのチケットは取れなかったし、JOIN ALIVEには行けないし、ずーっと何もない寂しさから、テレビ局の歌番組に出演リクエストのメールをせっせと送ったり、去年のap bank fesとかVIVALA ROCKの映像をリピート再生したりしていた。

そんな時、ぼくりりくんのトークセッションの発表がありました。6月8日の金曜日だって。
落合陽一さんと水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんと3人でトーク。ライブじゃないけど面白そうなメンツ!

でも、発表されたのが平日の昼間で私が知ったのは夕方で、イープラスを覗いたらもうチケットに×がついててがっかりした。
ところが1週間くらい後にたまたま覗いてみたら、△になってる。しかも整理番号がかなり若い。速攻で申し込んじゃった😅

キャンセルが出たのかな?
そんなわけで参加してきました。

場所は渋谷。2日前にNHKホールに行ったばかり(^^ゞ
そのときタワレコに寄って確認してきました

TOWER.jpg

去年の11月に行った時はタイミングが合わず見れなかったから。

当日は練習ライブで知り合った方と一緒に会場へ。連れてってもらいました

TMO1.jpg

渋谷XXXというところ。初めてです。

スタンディングのはずが、入場したら前方のスペースに丸椅子が置いてあり、座って楽しむことができました

やっぱ参加者は若い。学生さんらしき若者が多く、メモ取りながら聞いている男子もいて、肩身が狭かったです(苦笑)
まあ、私なりに興味深い内容だったんだけど、若返りたいと切実に思いました。

このトークセッションは一部と二部があり、ぼくりりくんの出番は二部。

一部の内容はあまり頭に残ってない。よく知らない洋楽のアーティストの話が多かったしマニアックすぎたかも。進行役の方もあまり会話に加わらず、思いつきの話が進んでいくような感じになったかも。

でも一つ頭に残ったのは「エンタメロイヤー」について。エンターテイメント業界に精通した法律家のことみたい。

曽我部恵一さんは事務所と契約するときは弁護士さんを雇っているし、担当の税理士さんもいるらしい。
デビューする若いアーティストが契約内容をよく理解せずハンコを押してしまう現状を心配するお話があり、エンタメロイヤーの必要性を話題にしてた。
最近、アーティストと事務所の問題が表面化してるし、興味深いお話でした。

第二部は聴きやすかった。やっぱ落合さんは大学の先生。主導権を握って話を進めていたからまとまりがあったと思う。

ぼくりりくんの曲を聴いている人が多く、落合さんの本も読んでいる。その割に水カンを聴いている人が少なかった(私も…ごめんなさい)

ぼくりりくん、めっちゃ近かったのでかえって凝視できず、落合さんのほうばかり見ちゃったかも

落合さんはとにかく水カンが大好きだそうで、日本書記を題材にした曲とか熱く語ってました。
ぼくりりくんも好きな曲があって、ライト兄弟だったか。

落合さんが思うに水カンの曲は昭和っぽい。ネオ昭和だと。

今年は平成最後の夏なんですよね。
そう言えば昭和が平成になった時を体験していない。当時を知っている人は明らかに何かが変わったと言うけど、40代50代の人はわかるのかな?
きっと平成が終わったときも何かが変わるんでしょうね。

昭和と違って、音楽が多様化していて大ヒットも生まれにくい現代。
君の名はとか、打ち上げ花火とか、逃げ恥の恋ほど話題になれば、周囲と共有できるけど。

ぼくりりくんは創作姿勢を問われて、以前は人格と曲を切り離して作るようにしていたと答えてた。
ケンモチさん、自分は「どんな人が歌っているか」で曲を聴いていると返して。
ぼくりりくん、今はそう思うようになって自分を投影した作品を作り始めているというニュアンスの答えをしたかな?(曖昧な記憶)

落合さんはビクターのPVの途中でおにぎりを食べ出すぼくりりくんが好き。曲を聴くとその姿を思い出すとか。人間性を感じたいって。

ぼくりりの曲は綺麗だよね。でも詞には毒があって。綺麗だから余計にいいんだよね。
以前はぼくのりりっくを歌っていたけど、最近はみんなのりりっくを歌っているんじゃない?

そう言われて「すごい!3枚目のアルバムはそういう作りなんです。よくわかってますね」と感動するぼくりりだった。

司会役の方も二部では話に加わって、途切れることなく話が弾んでいた。ぼくりりくんはウケると足をバタバタして靴音を響かせ、リラックスして楽しそう。

だいぶ忘れちゃったけど、老害という言葉も出て刺激的なトークセッションでした。

終了後の会場。

TMO2.jpg

TMO3.jpg

いただいたリーフレット。

TMO4.jpg

参加できたのは嬉しかったけど、早くワンマンライブに行きたいな。改めて思いました。
スキマスイッチのライブに行ってきました。
初日川崎からほぼ2ヶ月。
久しぶりのスキマライブ。デラの二次先行でとった席は3階の後ろだから正直、のんびり過ごす感じだなーと思ってました。

でも、予想は裏切られた。距離を感じない熱いライブでどんどん巻き込まれていった。川崎ではここまで思わなかった。こんな感覚初めてかも。この2ヶ月で、どのように変わっていったのかしら。各地の感想を知りたくなった。

やっぱスキマスイッチはすごい。とても楽しかったし、身も心も熱くなりました。

当日は時間に余裕があったので、まず山野楽器へ。しばらく行ってなかったので、新しいスキマ新聞が欲しかったから。
すぐそばにいた店員さんに「写真を撮ってもいいですか?」と聞いたらニッコリして「どうぞ」って。すごく感じが良かった。山野楽器さん、ありがとう。

NHK1

NHK2


グッズに興味があったので早めにNHKへ。並んで待ちました。
気になっていたボトルはお洒落だったけど思ったより小さかったので、結局クジを4枚買いました💦
アタリは出なかったけど、イラストが可愛い💕

NHK8

NHK3

始まる前に何人かのスキ友さんにお会いできて立ち話もして楽しかった。毎回セトリが変わっているとも聞き、ますます期待!

お花チェックではMステから来てる!とか喜んだり、各局の音楽番組への出演も妄想したけど、気になったのは「あいつ今何してる?」(笑)

NHK6

NHK4

NHK5

いろいろ楽しみだー。

川崎でご一緒したお友達2人と一緒に、席で始まりを待ちました。前回は遅刻したからね。こういう時間が持てなかったんだよね

オープニングアクトの松室政哉くん。
お友達から聞いていたものの、特に照明が変わることなく、明るくて場内を歩き回る人がたくさんいるザワザワした中で歌い始めるのに驚く。
二曲めはCD化してないクラゲ?という名前だったかしら。いい曲だと思ったけど、近くに大声でお喋りするグループがいてじっくり聴くことができなかった。

聴かせる環境を整えてあげればいいのに…と思いつつ、試練なのか。先輩の愛の鞭なのか考えて。オーキャンでの持ち上げ方と随分違うのに驚かされました。
でも松室くん、爽やかに挨拶して去っていったね。

スクリーンの映像でカウントダウン。
数式?みたいのも映る。時間の刻みがだんだん早くなっていって…開演。

セトリは覚えきれず、ネットで調べちゃった
見ながら覚えていることをポツリポツリ語ります。




セットリスト

LINE
リチェルカ
さよならエスケープ
思い出クロール
Revival
ミスランドリー
レモネード
Baby good sleep
ラストシーン
ミスターカイト
ゴールデンタイムラバー
君の話
スモーキンレイニーブルー
パーリー!パーリー!
ユリーカ
全力少年
リアライズ
未来花


アンコール
Hz
猫になれ
Ah Yeah!!



川崎のときはミスランドリーの途中で入場したんだな。
Revivalではイントロで小さな歓声が沸き起こって、ドラマの威力を感じました。
MCではシンタくんの「大好きです!」が面白かったし(笑)
「いい作品に関わらせてもらってありがたいですね」と大橋くんも言ってた。

ゴールデンタイムラバーの格好良さ!
なんかいろいろ頭をよぎって懐かしかったなぁ(爆)。

スモーキンレイニーブルーのソロ回しとか…アニキ魅せてくれましたね!

スキマスイッチのライブ初めてって人は?と聞かれて近くの男子たちが手を上げてたんだけど、演奏中も大盛り上がりで嬉しかったです(私、誰目線なんだ😅)

で、パーリーパーリーの演出は良かったなあ。スクリーンに歌詞(単語)が映し出されるのね。川崎ではこれがなかった。
しかもお客さん側の演出も良かった。サビに向かってトントンとリズムを刻むところで、リズムに合わせた手拍子が巻き起こって素敵だった。いつからあんな約束事ができたんだろう。楽しいぞ!

全力少年の「すみわたっていくー」でサイレント。
大橋くん「いやー。本当に今日は楽しいです」と喋り出して。歌終わっちゃったの?と一瞬思ったけど(笑)

MCも長めで、昔を振り返る内容が多かったかな。
会場がNHKホールということで、紅白に出たときの話とか。
マネージャーから来たメールが件名「紅白」本文「決まった」
普通会議室かなんかに集められて告げられるものじゃない?
デビューもはっきり告げられずPV撮っているときも説明なく。
2週間で10曲作らされたとか騙されてると思ったとか、会社へのボヤキみたいなのもあったね。
でも、書いても書いてもOK貰えず「もうやめよう」と大橋くんが弱音を吐いた時にシンタくんが「聴いてもらえるうちは作ろう」と言ったという話は感動的でした。

アンコールでは「こんな僕たちを拾ってもらえてデビューさせてもらって感謝してます」と会社へのお礼も言ってたし、15年の歴史を辿った想いがありました。

アンコールでHz(川崎ではわからなかったけどAimerちゃんのをダウンロードしたよ)を披露したあと、このツアーでは、普段あまり歌わない曲も歌ってます。マニアックで知らない人が多いと思うけどと話す大橋くん。

知ってるよー(客席)

そりゃ知ってる人もいるよ(笑)
知らない人は新曲だと思って聴いてください。
そう言ってからの「猫になれ」は賑やかにアレンジされていて、昔ピアノ一本で本をめくりながら歌う演出だったことが思い出されて、少しウルっとなりました。

最後にまだまだ騒ぎますかー!

歓声から始まったAh Yeah!!でタオルが舞い、大橋くんも舞台落ち。ラストはピアノからの大ジャンプで締めくくった。

ピックをたくさん投げたし、シンタくんまでタオル?(遠くてよくわからん)を投げたかな?

「楽しい」
「本当に本当にありがとう」

何度も言ってたね。

私たちも帰り道は「良かったねー」「楽しかったねー」ってずっと言ってたんだよ。

3時間を超える長丁場なのに長さを感じないライブでした。
次回の中野ではどうなっていることか。
各地のネタバレをチェックしなきゃな。

NHK7

まだまだ楽しみは続くのだ
続きを読む
西城秀樹さんが亡くなった。
小学生の頃から見ていたし、まだお若いのに残念。
御三家では、私は哀愁のある五郎派だったけど、秀樹さんの声量のある激しいパフォーマンスはカッコよかったし、子供心にも印象的だった。オフコースの「眠れぬ夜」をカバーしたこともあったよね。ご冥福をお祈りします。

去年から、自分が若い頃に惹かれた音楽たちを体感したくなって、そんなライブに行くようにしたんだけど、先月は来生たかおさん、今月はポプコンアーティストたちのコンサートに行ってきました。
若い方は何?て感じでしょうが…自己満足の備忘録なんで、すみません

来生たかおさんは薬師丸ひろ子さんの「セーラー服と機関銃」や中森明菜さんの「セカンドラブ」の提供が有名だし、シンガーソングライターとしても80年代に一世を風靡した方だ。松田聖子さんのアルバム「パイナップル」(大好きです)の曲も作っていて、メロディラインがゆるやかで美しく、心地いいのである。井上陽水さんの「少年時代」でピアノ担当だったことも有名。

学生の頃一度コンサートに行ったことはあったけど、すっかりご無沙汰していた。
でも鎌倉芸術館という大好きなホールでライブがあるのを知り、行きたくなった。

昭和JPOP


昭和JPOP1


久しぶりに見た来生さんは白髪で、MCでも歳をとった話をしていたけど、声は全く変わらず、昭和にタイムスリップしたような気持ちになった。
数多の提供曲からも聴かせてくれて、懐かしかった。
前述の2曲はもちろんのこと、大橋純子さんの「シルエットロマンス」、山口百恵さんに作った「おだやかな構図」、三浦友和さんに作った「ほほえみの扉」、河合奈保子さんに作った「疑問符」に南野陽子さんの「さよならのめまい」

懐かしーい\(^o^)/

もちろんご自身の代表曲「夢の途中」(セーラー服と機関銃の来生版だよね)も、美しいバラード「good by day」も、デビュー曲「浅い夢」も聴くことができて、癒されました。

そして今月は「僕らのポプコンエイジ」
昨年行ったので二度目の参加。よこすか芸術劇場で観てきました。

昭和JPOP2  昭和JPOP3

昭和JPOP4

昭和JPOP5

昭和JPOP6

昭和JPOP7

チャゲさんと元雅夢の三浦さんの掛け合いは健在で、2人の「流恋情歌」で幕開け。
今年も懐かしい曲をたくさん聴かせていただきました。

チャゲ&石川優子さんの「ふたりの愛ランド」
「シンデレラサマー」も!
雅夢の「愛はかげろう」「秋時雨」
伊藤敏博さんの「サヨナラ模様」
ザ・ベストテンを思い出したよー

相曽晴日さんの「舞」には癒された。α波出てますね。

めっちゃ盛り上げてくれたのは元クリスタルキングのムッシュ吉崎さん。
低音担当の方だったから、「大都会」の高音部分はテープ流すのかな?と思ってたら、しっかり歌ってくれたし、北斗の拳のテーマ曲「愛をとりもどせ!」のシャウトはかっこよかったです。

庄野真代さんが自分のヒット曲を一切歌ってくれなかったのが唯一残念だったけど、昭和の名曲に浸ることができた夜でした。
>>次のページ