FC2ブログ
小田さんのツアーファイナルに参加しました。ファイナルと言っても、延期になった大阪公演は残っている。それを念頭に置いているように思いました。

前日はぼくりりのファイナルに行って、当日はどうしても外せない仕事があって、睡眠不足なのにハードな1日で、ダッシュで向かったら開演5分前にアリーナ到着。なんとか間に合ってホッとした。

今まで横浜アリーナはスタンド席から見下ろすことが多かったけど、今回は初めてアリーナ席。
まあ、横浜アリーナの場合は2階席なんだけどね。でも1階とそんなに変わらない距離感。花道も近かったし通路側だったし、見やすくて嬉しい席でした。

「一度小田さんのライブに行ってみたい」と言う次女と一緒に見た。「遅いから心配したー。あんまり若い人いないし」だって
今年は相方になってくれることが多かったなぁ。

小田さん、喉が辛そうな時もあったし、躓いた時もありハラハラしたけど、三時間超のライブを駆け抜けてくれました。

ライブの様子は→ココ

中央ステージでピアノを弾きながらの「言葉にできない」や「my home town」には震えたし、大好きな「秋の気配」「さよなら」
サビではみんなで指を振る「YES YES YES」

声をそろえて合唱したりウルウルしたり、幸せでした。
上から落ちてきたバルーンには触れなかったけど、騒げて楽しかったー

場内を駆け回る小田さん。スタンド席からアリーナ席に上がり、アリーナ席の最後尾にあった車椅子のスペースへ向かってお客さんたちと握手。優しい。

そのままアリーナ席を走り回り、なんと私のすぐ横の通路を下りていった!
こんな間近で小田さんを見れたのは初めて。小田さんが向かってきた時から「どうしよう!小田さんがこっちに来る!」と興奮状態で、ずっとキャーキャー騒いでいたら娘にたしなめられた
通路側の席でラッキーでした。まるで後光が差しているようで、小田さんの姿は光り輝いてました

この日はハロウィン。渋谷のハロウィン騒動は納得できないと言う小田さん。ピーターポール&マリーのア・ソーリンというハロウィンを歌った曲を、稲ぴーさんとしっとりと披露してくれた。物悲しい曲。

ご当地紀行はファイナルだから今までの総集編プラスαになっていて、各地の様子が楽しめました。
「小田さんってギャグのセンスあるわ」と娘がウケてた。
横浜では夏に食べられなかったお汁粉をリベンジしに三渓園へ再び行った小田さん、可愛い

あとイベンターの皆さんへの愛に溢れるご当地紀行になっていて、小田さんの優しさを感じました。
相変わらず「ババア軍団」という言葉はあったけど、誰かさんと違って愛があるから傷つかないんだよなぁ…。

ダブルアンコールで追加公演の発表。途中のMCでは次の約束ができないと言ってたのに(笑)
「今回はありがたいことにチケットが取れないという話があったので、春に追加公演をやります。さっきはまだ言えなかったから、歯に物が挟まったような表現になったけど」と。
来れなかった人のためにやるから、今日来ている人は遠慮してほしいような意味を匂わせてました(笑)

一曲目だった「会いに行く」でラストを締めくくるのがまた、感動的でした。

帰りはお花の前を通って…。

oda1_2425.jpg

oda2_2426.jpg

oda3_2427.jpg

oda4_2428.jpg

もうクリスマスが近づいてきたんだね

時間を忘れ、元気をいただいたライブでした。

そして今度の週末はいよいよスキマさんの2days。
横浜アリーナでは初めての単独ライブ。
どんなステージになるのか楽しみ
スポンサーサイト
始まってから1ヶ月強。あっという間だったけど、ぼくりりのツアーファイナルに行ってきました。
なんとこの日は私の誕生日で、チケットが取れた時はバースデープレゼントのように感じて有頂天になった。まさかそのあと、悲しい思いをするとは思わなかったな…

本人が「不穏なツアーやります」と言ってたんだけど、振り返ると本当に不穏だった(苦笑)

ツアー直前に辞職の発表があるし、途中で炎上もあったし…。

ライブに行く権利は自分にあるのか?と真剣に考えた。
やっぱ、好きなアーティストから嫌がられるのは最大の悲しみだもの。

でも、やっぱり彼のライブは好きだし、あと少ししか体験できないし…。チケットあるんだから行きたいよ…。

今回のツアーは行くたび毎回恐怖と不安があったけど
ファイナルまで全3回。無事に参加することができました。

恵比寿LIQUIDROOMは以前、スキマさんのFC限定プレプレライブで行ったことがあった。駅から近くて便利でした。

恵比寿1

恵比寿2

恵比寿3

ライブの様子はニコ生で中継されたから、細かい内容は書きません。
それに番号が大きくて後ろの横側に立ったから、チビの私にはぼくりりがほとんど見えなかった。CITIとbabelで激しく動き回ってくれた時にチラっと見えたけど、ほとんどの時間は壁の向こうから歌を聴いていた感じ
むしろギターの佐々木さんのほうがよく見えた。(かっこよかった!)

どんな表情で、どんなパフォーマンスしていたのかは全然わかりません。あとでニコ生を見るつもり。

でも聴こえてきた歌声は圧倒的な迫力があった。ライブアレンジも多分新潟で聴いた以上にパワーアップしていて、CDの何十倍も良かった。

だから余計に1月の辞職が悲しくなった。

前回のツアーの時、ぼくりりは「もし自分がいなくなっても曲は生き続ける」と言っていた。(今振り返ると辞職を見据えた発言だったんだな)
確かにCDはいつでも再生して聴ける。でもライブは体感するもので、その場だけのものだから尊いと思う。
もっとライブでぼくりりの歌を聴きたかった。

歌声は凄いのにMCはあれ?と思うくらいダラダラしていて、なんだか会場と温度差があったかも。「ババア」も言い過ぎだろ

でも、「ババアが怒るのは仕方ない、けど全然関係ない人たちが入ってきていろいろ言うのは…」という発言で思った。一応仲間意識を持っているんだね(笑)

ツイッターとか活字で読むのと、本人の口から聞くのは、同じ言葉でもだいぶ受け取り方が変わるかも。暴言と言うよりネタのように思えて笑えてきた自分が怖いケド

最後に「人間辞職」という新曲を披露してくれたけど、鬼気迫る歌い方でした。
12月に出るベストのタイトルが「人間」だから、人間=ぼくりりと読み換えるべきなのか。歌詞をじっくり読みたい。

歌い終わって追加公演の告知もしたらバイバイして、あっさり去って行くぼくりり。なんの未練も寂しさも感じていないようにスーッと出て行った。バンドメンバーも紹介しなかったし、1時間半しかやらないし、今ツアーはそういうスタンスなんだね。

1月の葬式には参列予定だけど、既に喪失感を噛み締めている

この日は新潟で宣伝していたホテルキーホルダーを思わず買ってしまった。そして、もばいる会員がランダムに貰えるポストカードは、3種類あるのをコンプリートできました。ラッキー

恵比寿5


12月に発売されるアルバムに、日比谷野音ライブのDVDが付いてくるのが嬉しい
私が初めて体験したぼくりりのライブだったもの。

あの夜が懐かしいな…。

今でも悔いが残るのは、去年の春に行われたNoah's Arkのツアーに行かなかったこと。ちょうどぼくりりを知ってライブに行ってみたいなと思い、何度もチケットサイトを眺めては躊躇い、結局とらなかった。行っておけばよかった

だから行きたいライブは出来る限り行く!たとえ歳をとっていても(爆)

なんか上手くまとまらないけど、ぼくりりが稀有なアーティストであり表現者であることは確信しているので、葬式までしっかり体感したいと思います。
(葬式は3時間くらいやってちょうだいねー



めっちゃ長くなってしまった備忘録

ぼくりりがNEWS ZEROで来年1月に辞めると発表したとき、ショックで真っ青になった私がガクガク震えながら家族に「お願いだからライブを追加させて。もう辞めちゃうんだから…」と頼んだら、さすがに断られなかった(苦笑)

祝日の新潟公演がチケット残っていたので、またも遠征決定
しかも、人生初の一人旅になった。今までそういう機会がなかったのよね。

そのあとツイッターでは炎上騒ぎが起き、ファンとして望まれてない年代の私がライブに行っていいの?と真剣に悩んたけど…キャンセルもできないし、遠くからそっと見ようと思いました。
一人で行くのはめっちゃ怖かったけど、終演後に現地のスキ友さんが会ってくれることになったので、心の支えになった

去年の10月8日に、私は初めてぼくりりのライブに行って深く深く堕ちたのだ。それまではライトなファンだったのに。

新潟1

一年後の同じ日に新潟ライブがあるなんて、なんか運命かも(←目指せポジティブシンキング)

新潟に行ったのは20年以上前なんだけど、東京から新幹線が出ていると知らなかった

初めて乗った上越新幹線「とき」

新潟4


ぼくりりの小説にも鴇を題材にしたものがあった。

新潟13


そして、その日アップされたぼくりりの決意表明を新幹線の中で読み、SNSを意識的に使っていた過去の言動と矛盾しているような気がしたけど、結局「ぼくりり」を辞めたいという結論は変わらないわけだ。理由づけなんてどうだっていいや。

ぼくりりが作り出した音楽を好きなことは変わらないし、どんな破壊活動をするのか興味が湧いてきたので、1月の終幕まで見届ける。これが私の結論。

新潟2    新潟11

新潟3

新潟はいいお天気で暑かった。ホテルでチェックインしてから現地に向かいました。

見渡すとぼくりりのファンって若くて可愛い子が多い。来ちゃってホントにごめんなさいと思いました

新潟6


始まる前の緊張感は半端ないものだったけど、始まってしまうと通常モード。

チビの私はスキマから見る感じだったけど、ライブハウスは距離が近い。スッキリして楽しそうなぼくりりを近くに感じました。

どんな話をするかな…と思ってたら自分からあのことも触れて。
以下、思い出すままに書いてます。多少違ってるかも。ニュアンスということです。

「爆発的に燃えちゃってから初めてのライブなんですよね(笑) 傷ついた人にはホント超ごめんなさい。でも、枷がとれてすごく自由になったんです。」

「自分の書いた歌詞がやっと自分の言葉になった。」

「今は音楽が楽しくて仕方ないです。」

「来年の1月でぼくりりを辞職します。このツアーはお礼参り、あれ?お礼参りだと意味違う?説明しながらまわるっていうツアーです。」

「漫画を読むのが好きなんですけど、最終巻を読む寂しさ、最後まで読み進めていく尊さってあると思う。
もちろんまた一巻から読み直せばちゃんとそこに残っているんだけど、最終に向かう喪失感とか虚無感とかがあって。
それに通じると言うか…。だからこのタイミングでぼくりりを辞めるのはベストだと思います。」

「でも音楽を辞めるわけじゃないから。」

その言葉で「え!」と場内がざわついたら慌ててぼくりりが
「あ、そう言ったら寂しさがなくなってしまう(笑)」と。

「ぼくりりのライブ初めての人どれくらいいる?」
手を挙げた人を見て、6割くらいかなと鍵盤のカズタケさん。

「2ヶ月くらい前に禁酒したけど3週間くらいでやめた。でも、少しでもやめたら弱くなって、ちょっと飲んでもほろ酔いになってしまう。新潟では日本酒飲みたいです。ほろ酔いの状態でそのまま明日仙台に行く?(笑)」

新潟は男子も結構いて、ノリが良かった。
それを見てぼくりり、「ここ新潟は盛り上がるとわかりました。チルみたいな曲が続いてしまったけど(苦笑)」
なんか嬉しそうだった。
アップテンポの曲ではこちらを煽るような、エネルギーをぶつけてくるような歌い方をしてきて、益々盛り上がったと思う。

何か吹っ切れて自由になった感じで「楽しい!」を連発してたなぁ。

結局MCは上手くならなかったけど、どんなこと話すのが良かったのかな、と言っていたぼくりり。
アンコールではちょっとチャレンジしてみたようで…。
「物販的なことも言った方がいいよね
ホテルキー、カッコいいんでぜひ買ってください。以上でーす」

ここからは曲名を含めた感想です。






さっきも書いたけど、ぼくりりの煽りがすごかったかな。
巻き込まれて思わず右腕上げてノッてしまいました💦

ノリだけじゃなく、アコースティック調アレンジが胸に響いて。佐々木さんのギターも素敵でした。朝焼けと熱帯魚は切なくなったし、sub/objectiveとかセトリの曲たちが違う顔を見せてくれたと思う。

セトリは渋谷とほとんど同じだと思うけど、一度「次の2曲はどっちをやろうかな。ネガティブなのと前向きなのとあるんだけど、どっちがいい?まあ結局両方歌うんだけど」
ネガティブ〜!と声が聞こえて「じゃあネガティブなほうから」と始めたのがliarでした。そして前向きな曲はButterfly came to an end でした。

Butterfly came to an endがまたパワフルでカッコよかったし、サビに移るときのカズタケさんの掛け声は大きく響き渡って、よりヒートアップしたなぁ。

aNYmOREの紹介では、みやかわくんという友達に作った曲なんだけど、彼は清廉というか品があるというかそんなイメージがあるんで、それを裏切る内容の曲にしましたと説明。
女性を弄んで最後に刺される歌だと。
ぼくりりは楽しそうに歌ってた。ぜひセルフカバーしてアルバムに入れてほしい!

デビュー曲なんですけど聴いてください。
そう言って歌い始めたsub/objective。
勘違いかもしれないけど、前半はデビュー前の歌い方にちょっと似てるような気がした。少したどたどしい感じで…。でも後半は現在の歌い方にしたように思った。わざと歌い分けしたのかな?って。
私が間違ってたらごめんなさい(汗)

三年やってアルバム3枚作って。
今4枚目作ってるけど、そこに入ってる曲です。
アルバムは没落ってタイトルなんだけど超ウケるな。
そう言って歌った輪廻転生は、終わりの始まりを表した曲だそうです。

アンコールで出てきたぼくりりは、「そういえばさっき、最後の曲ですと言い忘れてしまった」と笑ってました。
そして「最後にもう一曲だけ聴いてください」歌った「僕はもういない」
ラストの歌声は余韻を残した。そしてありがとうございましたと頭を下げて出て行った。1時間半は短いよ…

ライブが終わったあと、「僕はもういない」のオケが流れる。それに合わせて手拍子が起きる。
渋谷でもそうだった。また出てくるかと期待して一生懸命手を叩くのだ。
でも、新潟で思った。この曲にはもう、ぼくりりのボーカルはない。「僕」はもういない。

そういうこと?
このオケまで含めて、ライブが完結するのかも?
なんかそんな気がしてきた。

なので、セトリに追加しました。


セトリ

venus
つきとさなぎ
存り処
朝焼けと熱帯魚
Newspeak
CITI
black santa2
aNYmORE
liar
Butterfly came to an end
sub/objective
Be Noble
For the Babel
輪廻転生

アンコール

僕はもういない
僕はもういない(インスト)




ライブ後、昔のスキ友さんとお会いして、たくさんお話ししました。
なんと会うのはスキマさんのワリーナツアー以来だったので、11年ぶり
でも時間を感じず自然に話せて楽しかった。相変わらずマニアックだったね、私たち
ホテルに帰ってもなんだか寝つけませんでした。

新潟5

新潟7    新潟8     新潟9


新潟10

新潟12

新潟、行って良かった!
今回ほど何度も書き直したことはありません…。

ツアー直前の9月21日にNEWS ZEROで、来年の1月に「ぼくのりりっくのぼうよみ」を辞職すると本人が発表した。以前から「ずっと音楽を続けるつもりはない」「音楽以外にやりたいことがたくさんある」など発言してたので、驚きはなかった。ただ、もっと先だと思ってたから本当に残念で悲しくて、行くつもりのなかった新潟のライブチケットを思わず取ってしまいました。またも遠征

そのあとツイッターで展開された出来事はよくわかりません…
事務所ぐるみで入念に考えられたストーリー?結局、真相は本人とその周囲しかわからないことだから、もう考えるのやめた(メタメタに傷ついたケド)

いつか裏側が明かされるだろうと思ってます。どっかのメディアが密着取材してるのかもな(←あくまで勝手な推測です)

改めて思った。ツイッターってホントに狭い世界。その中で炎上とかアンチとかは一部の人達だけの話。知らない人は全く知らない。現に家族は知らなかったもの。コップの中の嵐ってこういうことかも。

そういう状態なので、先日参加したライブの感想を書くのもためらっていたけど、ライブそのものは感動したし、この場所は私の備忘録なので、ざっくりと振り返ることにしました。最近の破壊活動でかなり記憶が薄まってしまいましたけど…。

いつものことですが、聞き間違いや勘違い等あると思いますm(_ _)m

ツアー初日の9月25日に渋谷へ行ってきました。

辞職を発表してから彼は意味深なツイートをしていたので不安を煽られていた。一体どんなライブになるのか。そもそも実行されるのか。何も喋らず歌うだけなのか。種々の不安におののきながら向かいました(苦笑)

渋谷wwwxに到着。
渋谷WWWX1

渋谷WWWX5

渋谷WWWX6

デザイン怖かったけど一応グッズ買った(笑)
渋谷WWWX7

渋谷WWWX3

渋谷WWWX4

開演を待ってる間も不安と緊張でドキドキしてました。
だから、開演してからフツーに現れ歌い出した彼の姿を見てホッとしたのです。

ライブの内容は素晴らしいオフィシャルレポートが上がっているので→コチラ

前回のツアーはバンド編成だったけど、今回は以前のライブでもサポートした鍵盤のタケウチカズタケさんとDJヒロロンさん、そして今回加わったギター 佐々木秀尚さんの3人編成でアコースティックな感じ。
全体的にぼくりりのボーカルをしっかりと聴かせていただいたような気がする。
キャパが小さいのは、それも考えた選択だったのかな。1月の練習ライブの時のように、ぼくりりの声を全身で感じました。
たまに歌詞飛びもあったけどあまり気にならなかった。
とにかく歌が上手いし、曲もいいし、それだけ楽しめたら幸せだったかも…

最初椅子に座って歌ってたけど「後ろの方見えないよね。じゃ、立つか」と優しい対応をしてくれた。

…この前友達のライブ見にここへ来たんだけど、目が合ったと思ったしステージ近いですよね。
今日は800人くらいいるのかな?
1対800じゃなくて(1対1) ×800という気持ちでやります。
その言葉どおりに場内をしっかりと見るぼくりり。目が合ったと思ったのは私だけじゃないはず。一人一人に向けて心を込めて歌っているように感じた。

辞職発表についても…やっぱり触れておいたほうがいいよねと切り出して、来年の1月に辞めることを伝えてくれました。
自分は人間として生きるために辞めると。
僕の人生にとってこのタイミングで辞めるのは最良の選択だと思うと。
そう言われたらもう何も言えない。幸せな人生を歩んでほしいと思った。

みなさん、今日はどんな気持ちで来たらいいかわからなかったでしょうが僕も同じ気持ちですとぼくりり。ホッとした笑いが起きる。

アーティストが辞めていくさまを今まで見たことないから、自分がやってみたいと思った。最後までお付き合いください、と話してたかなぁ。

ライブに来てくれた人に最初に伝えたかった、だから最後にツアーでまわることにしましたと。

「3年やっても喋りが下手。最後までMC上手くならなかったなぁ…」

最後という言葉が寂しかった。

昔から来てくれてる人はー?
ってここで聞く?と自分に突っ込み笑うぼくりり。
手を挙げたお客さんが「上手になったよー」ちょっと嬉しそうに見えた。

曲名をネタバレします。




続きを読む
この1週間で天国と地獄を行ったり来たりしている感覚(苦笑)

でも楽しかった思い出をきっちり記録しておきたいので、早く更新せねば!

オーガスタキャンプに参加してきました。ざっくりだけど振り返ります。

道が混んで、予定より3時間オーバーで到着したけど、なんとか開演には間に合いました。

augusta7.jpg

augusta8.jpg

augusta6.jpg

augusta5.jpg

augusta9.jpg

augusta15.jpg


昨年は最前ブロックという奇跡的な席で見させていただいたので、今年は期待しなかったらやっぱり後ろ💦
ほぼスクリーンを見てる感じでした。

でも次女と参加して、美味しいものもたくさん食べたしリラックスして過ごせました。
こういう時間も楽しいな。

augusta12.jpg

旗の表と裏

augusta1.jpg

augusta2.jpg

augusta10.jpg

augusta11.jpg

augusta19.jpg

augusta3.jpg

augusta4.jpg

山さんのフーズ、美味しかったな。
常田さんのは買うつもりなかったのに、ほとんど並んでなかったのでつい買ってしまいました
味はともかくポロポロ落ちて食べにくかったかな。

今年はどんな構成かと思ってたら、COILの曲をみんなで歌うところから始まったり、昨年のように各自の代表曲的なものがあったり。
1,2曲歌ったらメンバーチェンジしていくので、どこで休憩しようか悩んで、結局抜けられず…。休憩時間はトイレが長蛇の列で、結局スキマとぴーちゃんの時間に間に合わなかった

今年も名曲のオンパレード。ひまわりの約束もワダツミの木も、君と僕の挽歌も。カウンセリングメンテナンス、カッコいい。

奏は素晴らしくて棒立ち状態になってしまったけど、そのあとに登場した山さん、奏のあとは〜って文句言ってた。でもワンモアも心に染みました。なんて贅沢なんだろ。

後半では福耳の曲を怒涛のように演奏。みんな楽しそう。

娘が面白がってた。
「大橋くんってホントに秦くんのこと好きなんだね」(笑)
秦いじり、コントみたい。

秦くんいわく、スキマさんが福耳の曲を手がけたから次は自分と思ってたら、さかいゆうくんだった…。歯ぎしりしたそうです(爆)
だからやっと自分の番が来たときは頑張って作ったらしい。
秦くん、すっかりネタにしてますね。

最後にCOIL20周年、スキマ15周年を祝い、「ゆうこちゃんも前へ!」
戸惑いながら前へ出るゆうこさんにも「オーガスタに入って20年」ということでぴーちゃんがひざまずいて花束贈呈。こういうのもいいな。あったかいな。

大橋くんの「女の子〜!」「ちっちゃい声で」というリードで歌った星かけも楽しかったし、最後に打ち上がった花火がかなり近かったので娘とキャーキャー楽しめた。


augusta20.jpg

augusta13.jpg


augusta14.jpg

お天気も暑すぎず寒くもなく、雨の心配もなく、ちょうどいい感じでした。
翌朝はホテルから富士山がくっきり見えたのも嬉しかった。

augusta16.jpg

augusta17.jpg

9月の終わり、楽しい夏の思い出ができました。ありがとう

augusta18.jpg
>>次のページ